つれづれ日和

ブログという名の備忘録。

読了


『コーヒーが冷めないうちに』 川口俊和



再読。
TVの宣伝で
映画化されると知り
押し入れの中から引っ張り出して
もう一度読んでみた。


以前、帯の「4回泣けます」という言葉にひかれて
読んだけれど
一回も泣けなかった。
たまに、無性に泣きたくなる時がある。
小説やドラマで欲求を満たそうと思うんだけど
最近そういう小説にお目にかかれない。
私の感性が鈍化したのか
図々しいおばちゃんの涙は枯れたのか・・・


TVの番宣を見ると
これは泣けるんじゃない?と思えてきて
再読してみたけれど
だめなものはダメ。残念。



映画見れば泣けるのかなぁ。。。