つれづれ日和

ブログという名の備忘録。

さびしいね


いくつかお気に入りのブログがあって
時間ができると読んでいる。
有名人のブログではなく
普通の一般人のおばちゃんのブログである。
もちろん面識もなく
お幾つなのか、どこのお住まいなのか
お仕事をしているのか
家族構成はどうなっているのか
記事でしかわからない。
それでもなんとなく年が近くて
文体を受け入れられるブログたち。
(写真を多用しているものや
絵文字顔文字多用のブログはスルーしてますww)
お会いしたことはなくても
勝手にお友達のような気になっている。
コメントも書いたことないけど。



そのうちの一つが
今日を最後に閉めるという記事を読んだ。
ネットなんて泡沫のものだとはわかっている。
まして、商業目的ではないのだから
どうしようと本人の自由だ。
かくいう私も
開けたり閉めたりを繰り返してきたから
偉そうなことは言えないけれど
なくなると知ると
これがなんともさびしい。
毎日、今日は何をしたか何を思ったか
教えてもらえていたことが
唐突に立ち切られる。
さびしいね。
お友達が一人いなくなってしまった気分だ。
まぁ、いつも間にかフェイドアウトして
なくなってしまうブログが多い中
さよならのご挨拶をしてくれただけ
救われる気持ちだけれど。



どうか、お元気で。
またいつかお会いできるのを楽しみにしています。