つれづれ日和

ブログという名の備忘録。

連休最終日


このところ
何回か三連休があったみたいだけれど
土曜日が仕事のわが職種では
三日休める人は多くはないだろう。
ハッピーマンデーとかいうらしいが
ハッピーなのは週休二日の人のみで
当然世の中そんな人ばかりではない。
お国というのは
ほんとうに視野が狭いというか
自分本位というか。。。


ところが今回
めずらしく土曜日のお休みをいただいた。
おかげで三連休。
久しぶりにゆっくり休めた。
年末年始も、ゴールデンウィークも、お盆も
すべてじじの入院騒ぎで大忙しだった。
休みというと決まって緊急入院するじじ。
まったく私の休みをなんだと思っているのやら。


今回の休みは、何もしないことに決めた。
引きこもりをしようと決めた。
たまには己の心のメンテナンスをしないと。
このままではストレスで私の心がつぶれてしまう。
薄情といわれようが何といわれようが
じじの介護にも行かない。
緊急避難である。
家で、あちこち片づけたり
溜めた家事を消化したり
読みたかった本を読んだり
録りためたTV番組を見たり。
夜更かしして、朝寝して、朝風呂入って・・
ずいぶんのんびりできた。
ありがたい。


時間があったので
あちこちのブログを読んでまわってみた。
一応ランキングに参加しているので
同じジャンルに参加している人たちのブログとかね。
はぁ、みなさん頑張っているのねぇ。
というか、みなさんお金持ち。
〇〇へ行きました。
〇〇を食べました。
・・なんていう写真がいっぱい。
まぁ、この年齢の人はある程度お持ちなのは当たり前なんだろうけど
私のブログとのこの違いは何?!
ワーキングプアの私は
旅行へ行こうにも、おいしいお店に行こうにも
先立つものがないから
こうして文字だけのブログを書いている。
でも、それはそれでいいと、思っている。
やせ我慢ではなく、ちっともうらやましいとは思わないけれど
人って本当にいろいろなんだなぁ、とつくづく思った。



こんなブログを読んでくださる奇特な方もおられるようで
それはそれで幸甚なのだが
今後もおそらく「こんなブログ」である。
ご容赦あれ。




じじは相変わらず。
病気のデパート営業中。
さしあたりの憂慮は、下行結腸癌と直腸癌。
手術による人工肛門はあきらめさせたが
下血は続いていて
貧血がひどくなれば輸血をし
イレウスになればステントでひろげるしか
治療法はない。
あとどれだけ生きられるのか。


連休は、まだ終わったわけではない。
これから最後の夜が来る。
また入院騒ぎの電話が鳴らないことを
切に祈る。
南無南無。