つれづれ日和

ブログという名の備忘録。

しばしお休み


このところ、涼しい。
お日様の下はそれなりに暑いが
日陰に入ると、気持ちがいい。
この暑がりの私が
夜もエアコンなしで眠れるほど。
風が違う。
おそらくまたすぐに猛暑が帰ってくるのだろうが
こんな日があるということは
季節が進んだということなのだろう。
秋は確実にやってくる。



このお盆休み
いろんなことがあった。
相変わらず疾風怒濤のわが人生。
ブログのネタがいっぱいだね、と言われたが
今の出来事や気持ちを文章にできるほど
私のこころは穏やかではない。
もう少し自分なりに消化できたら
のんびりアップしていこうと思う。
それまで
ここはしばしお休みしようと思う。
まぁ、気まぐれな私のことだから
唐突に顔出しするかもしれないが
今は・・・書けない。



おひとりさまは、さびしいね。
何かあったとき
それが些細なことでも
話を聞いてくれる相手がいない。
そして
話を聞いてほしい人には
私のほかに話かけられる人がいる。
それはもっとさびしいことだ。



明日は何が起こるのか。
あぁ
私はなにをしているんだるう。








お休み二日目


せっかくのお休み
ゆっくり朝寝するぞ!と決めていたのに
朝5時前から外が騒がしい。
なにやら、サイレンも聞こえる。
半分寝ながら、カーテンの隙間からのぞいてみると
うちの真ん前に、ハイパーレスキューと大書きされた
大きな赤い車が止まっている。
隊員らしき人たちが行き来しているぞ
そのうちパトカーも来た。
どうやら近所でなにかあった模様。
人命にかかわることなら仕方がないけど
せめて誰も乗っていない車のエンジンは切ってもらえないだろうか。
おんぼろアパートの薄い壁は
振動で小刻みに揺れているんだけど・・・
これでは寝られやしない。
先日の△△警察といい
このあぱーと、なんだかなぁ。



今日はお天気もよいので
布団を干して、大物のお洗濯。
合間に録画しておいた「プレバト」をみる。
これを見るたびに
あぁ、俳句しないとなぁと反省をする。
で、それ関係の本を漁るが
結局作れなくて
日常に逃げる。
あれ、立秋っていつだっけ?
夏の句をひとつも詠んでないぞ。
師に怒られるかなぁ・・・
いや、師のブログも更新されていないから大丈夫(笑)
困った師弟だこと。



夕方から、じじの介護に行く。
このところ目に見えて弱ってきたじじ。
浮腫んで顔色もよくない。
悲しいことだけど
もうあまり長くはないんだろう。
あれこれ食事制限もされているけど
かわいそうになって
ケーキとカフェオレを食べさせた。
糖尿で甘いのものはだめ。
珈琲はカリウムが上昇するから、腎臓病でだめ。


でもね
もういいよ、じじ。
最期くらい好きなものを食べな。
芋ちゃんは反対するけど
(芋ちゃんは長生きしてほしいからうるさいんだよ)
私は、許す。
私が看ているときくらい
自由に生きようね。



というわけで
またまた本を読んでいない。
高校野球みていると
あっという間に時間が過ぎちゃうんだなぁ。。。。