つれづれ日和

ブログという名の備忘録。

やばい


気が付けば、もう11月も半ば。
立冬も過ぎたらしい。
秋の句どころか
夏も、ましてや春の句も詠んでいない気がする
もう、「趣味は俳句です」というのはやめよう。
詐称になってしまう。
この勢いで月日が去っていくのは
ひじょうにやばい。
何もしないうちに、日々が過ぎ去っていく。
仕事して、ご飯食べて、お風呂につかると
もう一日が終わり。
なにも成していない日々。
やばいよねぇ。


先日お出かけした時に撮ってもらった写真を見る。
誰?このおばさん・・・というか
誰?このおばあさん。
あまりのひどさに
さっさと、スマホを閉じた。
髪は薄くなり元気もなく
肌はシミだらけ。
頬はたるんで
口角は下がりきってる。
何を着てもおしゃれには見えないし
こころなしか腰も曲がっているような・・・
やばいよね。
ひじょうにやばい。
職場と家の往復だけで
繁華街は通らない、行かない。
買い物も近所の小さいスーパーか、コンビニ。
帰宅時間はもう真っ暗だから
服にも気を使わなくなった。
職場に行けば制服があるし
仕事がら、ばっちり化粧はできないし。
これではおばば街道まっしぐらなのは無理もないかぁ。
やばいよね。
ひじょうにやばい。



ねぇねぇ
どうすれば、キレイになれる?
どうすれば、知性の欠片が手に入る?
このままでは
殿が一緒に歩いてくれなくなっちゃう。





やばい。







急に、秋


秋が一気に深まったようで
暑がりの私でも
肌寒いなぁ、と感じる陽気。
そろそろあったかグッズの用意をしないとね。


じじのデイサービスが、水曜日と日曜日になったため
このところ日曜日は介護に行くこともなく
のんびりできるのがうれしい。
フルで仕事をしていると
週に一日くらいは自分のために使いたい。
普段できない家事を片付けないと。


ということで
のんびり掃除をして
洗濯をして
このところ頑張っている断捨離。
今日は、タンスの中を。
整理ができてなくて
自分でもどんな服を持っているのか
よく把握していなかったんだけど
先日TVで見た収納法に変えてみたところ
目から鱗。すっきり。
もっと早くやればよかったわ。
ついでに、捨てた捨てた。
若向きのものやら
いつかは着るんじゃないかと思っていたものやら
買ったとき高くてもったいなくて処分できなかったものやら・・・
タンスの肥やしを一気に捨てた。
あぁ、気分がいい。
いらないものは要らないのよね。
澱を脱ぎ捨てて
シンプルに暮らしたい。
(掃除するとき楽だものw)
来週はどこを捨てるかなぁ。。。。



夕飯は、今季初のお鍋にした。
キムチ鍋。
誰かといっしょのお鍋もいいけど
一人鍋もなかなかオツなもの。
便利な、ぷちっと云々というのもあるしね。
からだが温まると
気持ちもあたたまるから不思議。



たまにはいいよね、こんな日曜日。











読了


『コーヒーが冷めないうちに』 川口俊和



再読。
TVの宣伝で
映画化されると知り
押し入れの中から引っ張り出して
もう一度読んでみた。


以前、帯の「4回泣けます」という言葉にひかれて
読んだけれど
一回も泣けなかった。
たまに、無性に泣きたくなる時がある。
小説やドラマで欲求を満たそうと思うんだけど
最近そういう小説にお目にかかれない。
私の感性が鈍化したのか
図々しいおばちゃんの涙は枯れたのか・・・


TVの番宣を見ると
これは泣けるんじゃない?と思えてきて
再読してみたけれど
だめなものはダメ。残念。



映画見れば泣けるのかなぁ。。。